教育が政治的に中立であるべき理由

教育が政治的に中立であるべき理由 教育は、政治的に中立であることが望ましいとされています。なぜなら、戦前の日本は教育によって国民を戦争に駆り立てたという歴史があるからです。ですから、戦後日本においては、教育の中立性が非常に重要なものであると認識され続けてきたわけです。18歳から投票権が付与されることが決定していて、今後は学校で政治についての勉強をすることも多くなっていくことでしょう。そういったときに、教師が自分勝手な見解を生徒に押し付けることはあってはならないことです。生徒が自主的に自分の頭で考えて、判断していくことこそが重要になります。

学校側は、そうした生徒の自主性を伸ばしてあげられるような授業を心がけなくてはいけません。教師が間違った授業を行っていないかどうか、外部のチェックが入るようにしておくことも重要でしょう。したがって、教育委員会の強いリーダーシップが今後はより一層求められることになるはずです。教科書の文言などもしっかりと精査をするなり、また、学校によって好きな教科書を選べるようにするなどのシステム作りも急務であるとされています。教育が真に中立を維持できるなら、日本も正しい方向へと進んでいくことができるはずです。

オススメのサイト